ホーム / 受験生の方 / 先輩・卒業生からのメッセージ / 博士課程大学院生(平成15年卒)

博士課程大学院生(平成15年卒)

博士課程大学院生(平成15年卒)

計算機科学コースに進学した動機について

中学校の頃にパソコンを買ってもらったのがきっかけで,計算機の仕組みやプログラミングに興味を持ち,情報学科を希望して入学しました.入ってから計算機科学コースと数理工学コースがあることを知りましたが,入学当初の興味の対象が変わっていなかったので,計算機科学コースに進学しました.

計算機科学コースの印象について,コース配属前と同じだった点,配属後に変わった点

印象に残っている授業は,計算機科学実験の授業です.今とは少し実験の内容が変わっていますが,FPGAを使ってCPUを作る実験や,コンパイラの作成,パターン認識の実験などが印象に残っています.

計算機科学コースに配属されてからのことについて

計算機科学コースに入って良かったと思うこと

印象に残ったことでも挙げましたが,計算機の仕組みやプログラミングについて実際に作ったりする実験が,私の場合は進学した動機とマッチしていたので非常に良かったです.

4回生で研究室配属されてからのことについて

研究室に配属されるまでは,「研究」とはどういうものか全く知らず,何か新しいものを作ったり,発見したりすることだと思っていました.しかし,配属されてから,研究活動には学会での発表や論文発表などがあることを知り,色々と新しい体験ができました.また,配属されてからは,教員の方々や大学院生の方々と研究のことで話し合う機会などが増え,研究活動に関して色々とお世話になりました.

学業以外の学生生活について

研究室にもよると思いますが,私の場合は研究室配属,修士課程になるにつれて,研究活動が忙しくなってきました.サークルや部活には入っていなかったのですが,今となっては3回生までの間に色々と活動しておくべきだったと少し後悔しています.

高校生へのメッセージ・アドバイス

私が高校生の時はまだインターネットが利用できなかったので,入学する前に大学のことや研究室のことを知ることは難しかったです.今ではインターネットが手軽に利用できると思いますので,大学のウェブサイトやそこから辿れる各研究室のウェブサイトなどを見てみると良いかもしれません.