ホーム / コースの紹介 / 研究室・教員 / 集合知システム分野

集合知システム分野

sato_kuis_p_01佐藤研究室の研究分野は,ソフトウェア基礎論とよばれる分野であり,計算機ソフトウェアに関する数学的な基礎理論(プログラム理論)を構築することを行っている.その中でも特に,形式論理学の手法を用いた「型理論」に基づくプログラム理論と,関連するプログラム理論の研究に力をいれている.また,プログラム理論を実際のプログラミング言語へ応用する研究も行っている.これらの研究に共通するのは,「論理」をキーワードとしているという点であり,論理学に基づいた厳密な手法をソフトウェアの世界に適用するという考え方である.また,これらの活動を計算機によって支援するための知的ステーショナリの研究も行っている.

教員

  • 教授:鹿島 久嗣
  • 助教:馬場 雪乃

研究内容

sato_kuis_t_01

意図どおりに動くソフトウェアを作るための理論と実践

主な研究課題

  • 「意図」を厳密に表現するための論理学の研究
  • プログラム(計算)と論理の関係の究明
  • 論理的思考の計算機上での表現
  • ソフトウェアはどう記述されるべきか
    →新しいプログラミング言語の設計

研究室ウェブサイト

http://www.ml.ist.i.kyoto-u.ac.jp/