ホーム / 講義案内 / 卒業論文テーマ

卒業論文テーマ

知能情報学

情報基礎学としては,与えられた問題をコンピュータソフトウェアで解くための基礎となる抽象化と形式化の理論,および,そのための支援ソフトウェアについて研究しています.対象としているのは,プログラムの検証・合成・変換,関数型・論理型プログラミング言語,コンピュータによる定理証明などの分野です.

情報応用学としては,情報のモデリングやパターン認識,人工知能の手法とともに,情報を抽出,認識,理解,記述する処理系をコンピュータに実現する工学の研究を行います.具体的には,会話エージェント,音響信号の記号変換,ロボット,実世界インタラクションに基づいた知識創造などを対象として,コンピュータが人に優しい真の知能的な情報メディアとなることを目標としています.

さらにコンピュータを,人間が必要な情報を双方向で対話的に伝達するメディアとして利用する立場から,主として画像,映像の入出力処理・認識処理についての基礎理論と,講義室を研究対象とした遠隔講義,クラスルームビジョンシステム等の応用研究を行います.

計算機工学

コンピュータのハードウェアとシステムソフトウェア,およびそれらの基礎となるアルゴリズムに関する先端的な研究を行います.省電力や超高速計算を可能とする並列コンピュータ等の新しいコンピュータアーキテクチャ,量子計算,論理回路やVLSI設計論,言語処理系などのシステムの根幹となるソフトウェア等,コンピュータの基盤技術に関わる分野を対象としています.

情報システム学

情報処理の観点から実世界における応用を対象として,情報システムの構成並びに動作原理に対する基礎的な理論を追求します.また,地球規模の情報ベースや情報ネットワークの構成論,情報市場や情報図書館などの情報流通,人間・社会・環境を含めた持続的発展を可能とする社会情報基盤など,情報システム全般にわたる幅広い研究を行います.

卒業研究タイトル一覧