ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / 最適化数理分野

最適化数理分野

私たちの研究室では数理最適化の理論と応用に関する研究を行っています.
数理最適化とは,現実の社会に現れる様々な問題に対して,

  1. 問題のポイントを整理した数学モデルを作成し,
  2. モデルの特性を考慮した適切な方法(アルゴリズム)で解を求め,
  3. 得られた解をもとに問題の解決策を実施することです.

最適化の応用分野は枚挙にいとまないほどで,今後ますますその版図を拡大し,重要性を増していくと考えられます.
私たちの研究室の基本方針は,現実の問題への応用をしっかり見据えながら,理論重視の研究を行うことにあります.

教員

  • 教授:山下 信雄
  • 助教:福田 エレン 秀美

研究内容

最適化は工学の諸分野における基本的なテーマであるだけでなく、自然科学や社会科学の領域においても現れる重要な概念です。
私たちの研究室では、「最適化は問題解決のキーワード」を合言葉に、最適化に関連する諸問題に対するモデリング手法ならびにそれらの問題の理論的性質の解明や解法(アルゴリズム)の開発に関する研究を行っています。また,工学の計画・設計問題だけでなく、経営、ファイナンスなど様々な社会科学の分野においても、実用的な問題解決の手法を提供することを目指しています。

研究室ウェブサイト

http://www-optima.amp.i.kyoto-u.ac.jp/