ホーム / 数理工学シンポジウム / 近未来の数理工学

シンポジウム「近未来の数理工学」

2003年度『数理工学シンポジウム』
日時: 6月18日(水)京都大学創立記念日 13時30分〜17時
場所: 京都大学工学部総合校舎213講義室

プログラム

13:30〜13:40 開会
13:40〜14:30 講演1 バイオインフォマティクス (司会 宗像豊哲)
14:40〜15:30 講演2 金融工学 (司会 高橋豊)
15:30〜16:00 コーヒーブレイク
16:00〜16:50 講演3 ナノテクノロジー (司会 野木達夫)

講演1

「数理工学はバイオサイエンスに役立つのか --- バイオインフォマティクスの現状 ---」
 荒木 次郎氏(株)三菱総合研究所 先端科学研究センター 物質・生命科学研究チーム
      (1993年数理工学科卒業 1995年数理工学専攻修士課程修了)

講演2

「数理工学によってもたらされた金融技術の発展−−20世紀後半を振り返って」
 甲斐 良隆氏 神戸大学経営学研究科
      (1973年数理工学科卒業 1975年数理工学専攻修士課程修了 前三菱信託銀行)

講演3

「ナノテクノロジーへの数理工学のアプローチ」
 安田 英典氏(株)三菱総合研究所 安全科学研究本部
      (1977年数理工学科卒業 1979年数理工学専攻修士課程修了)